CHECK

内科では消化器系の疾患にも対応することが可能

内科では消化器系の疾患にも対応することが可能

内科では、かぜやインフルエンザなどの体調不良や生活習慣病の治療をメインで行っているイメージがありますが、クリニックによっては消化器系の疾患にも幅広く対応してもらうことが可能です。特にクリニックを営む医師が呼吸器の専門医である場合には、通常の血液検査や超音波検査だけではなく、さらに詳しく病気を精査するための検査機器などを備えているケースが多く、大きな総合病院に行かなくても呼吸器の病気を正しく診断してもらえます。例えば、お腹が痛かったり嘔吐が続いている時や、食道や胸のつかえ感などがある場合には、胃がんや潰瘍などの病気も考えられるため、胃の内視鏡検査が必要です。また、ひどい便秘が続いたり黒い便が出たりする時には、大腸がんや腸閉塞などを疑って大腸の内視鏡検査をすることも大切になります。消化器系の症状で不安がある際は、すみやかに消化器の病気に対応してもらえる内科を受診して早期発見と早期治療につなげるようにしましょう。

内科の治療で万が一の際手術は実施されるのか

内科は、風邪やインフルエンザ、発熱や頭痛や腹痛や下痢、悪心などの症状がある時にかかる診療科であり、薬剤を用いた治療を専門的に行う科となります。より専門的な分類をすると消化器や循環器や呼吸器、内分泌・代謝、腎臓、血液や神経、アレルギー・膠原病そして感染症など9つほどの領域で構成されてます。一方、外科が手術による専門的な治療をメインで行う診療科となりますので、二つの診療科目には手術を行うかどうか、薬剤だけで治療できるかどかといった大きな違いがある事が分かるでしょう。よく病気をした時やケガをした時にどの診療科に通院すればよいのかわからないといった方がいらっしゃいます。基本的にはかかった病気の症状が薬剤で治療ができるケースでは、内科に一旦通われると良いでしょう。もしどちらに通ってよいか判断がつかない場合は、内科と外科のある総合病院に行って総合受付にて症状を伝えて判断して頂くと安心です。薬剤だけで治療ができなかった場合は、外科の方へ担当医が変わる事になります。

内科に関する情報サイト
内科の定義

内科とは外科以外の医療分野をさしており、特徴は薬剤を用いて体の内側から治療する診療科のことです。地域のクリニックや診療所で最も多いのも内科ですが、実際は治療する臓器によって消化器内科や循環器内科というように細分化されているので受診する場合は科名をみて決めます。科名の表示には決まりがあるので、例えば循環器内科、一般内科と表示されていた場合は、循環器の診察の場合は循環器内科へ、それ以外は一般内科へいきます。

Search