CHECK

病院やクリニックにある内科とは?知っていると役に立つ内科の豆知識を紹介

内科とは外科以外の医療分野をさしており、特徴は薬剤を用いて体の内側から治療する診療科のことです。
地域のクリニックや診療所で最も多いのも内科ですが、実際は治療する臓器によって消化器内科や循環器内科というように細分化されているので受診する場合は科名をみて決めます。
科名の表示には決まりがあるので、例えば循環器内科、一般内科と表示されていた場合は、循環器の診察の場合は循環器内科へ、それ以外は一般内科へいきます。

病院やクリニックにある内科とは?知っていると役に立つ内科の豆知識を紹介

内科とは内科学の略称で薬剤を使用して体の内側から治療する診療科のことです。
クリニックや診療所で最も数の多いのが内科ですが、実は内科と言っても消化器内科や循環器内科、呼吸器内科、心療内科など対象とする臓器によって細分化されています。
内科とは外科ができるまでは医学そのものであり、外科という分野が独立して以降、外科以外の分野を内科というようになった医学の基礎分野でもあります。
医療機関の看板に診療科目が表示してありますが、病院で表示できる科名には決まりがあることを豆知識として知っておきます。
循環器内科、一般内科と表示されていた場合は、循環器以外は一般内科で診療するという意味です。

内科は身体の臓器を対象にした検査するところ

身体の不調を感じたとき、内科や外科など様々な科がありどこに受診をしていいのか悩む方も多いでしょう。
この二つの科だけで考えると、主に前者が手術を行わず診療する科、後者が手術を行って診療する科といった違いとなります。
内科は循環器・呼吸器・消化・腎臓・腫瘍・神経・内分泌・血液・感染症などを多くの専門分野に分かれていますが、これらを診ることができ、まず身体の不調を感じたときには内科を受診することがスタンダードと言えます。
ここではまず、目で見て触れて聴診器で聞いて、様々な情報を得ます。
血圧などを計ったりもします。
そして、さらに詳しい検査として血液や尿などを採取し、その分析結果から不調をきたしている臓器の特定を進めていきます。
また、レントゲンやCTやMRI、エコーなど画像診断にも進むこともあるでしょう。
このように内科では、体の外から検査を進め、原因となる臓器を分析して、経過を見ていくことができるのです。

迷ったら取りあえず内科に行けば対応してもらえる

身体に不調な場合、自宅で安静にしたり市販薬を服用するなど様々な対処方があります。
ただし症状が酷い状態であれば、医療機関を受診して適切な治療を受ける事が大切です。
実際に風邪や腹痛や頭痛といった症状であれば内科を受診しますが、症状によってはどの診療科を受診したら迷う事は多くあります。
実際に受診できる診療科自体は多くあるので、自分自身で正しい診療科を判断する事自体が難しい場合も多いです。
その際はまずは中を受診するという方法が、一番適切な対処方法の1つとなります。
内科は病気やケガ全般を受診する事ができ、症状にあわせて適切な診療科への移動など対応してもらう事が可能です。
自分で判断して間違った診療科を受診してしまうよりも、一度内科で見てもらったうえで正しい診療科へ案内に従う方がぐっと安心出来ます。
そのため自分で判断できない症状であれば内科を受診し、先生の指示に従って適切な診療科への紹介をしてもらうという方法が有効的です。

内科の先生は幅広い知識を持っている

内科では風邪や頭痛、胃腸異常、気管支炎や糖尿病などの慢性疾患に至るまで、幅広く対応し診察を行う必要があります。
軽い症状だから診察の必要がないということではなく、大病の予兆も考えられるため、適切な診断を行えるように内科の先生は、幅広い知識を持って診療治療に対応しています。
また患者一人一人は同じ病気にかかったとしても症状に違いがある場合があります。
どのような病気に関しても的確に診断して、患者に不安を与えないようにわかりやすい説明を心掛けているためです。
加えて病気を早期に治すためには、生活習慣を改善する必要があります。
中でも糖尿病や高血圧、高脂肪症などは普段の食事から摂取できる栄養に偏りがあるために発症する病気です。
症状が進行しないように、現状を維持できるようにそれぞれの生活に適している治療法を考案して提案するために、様々な領域での知識を持っています。
内科で診察をすることで現状を改善し、発症や悪化を予防することも可能です。

内科は薬剤による治療を専門にしている

内科を受診した際に必ず受け取るものはなんだと思いますか。
答えは専門知識のある医師からの薬剤です。
内科では専門知識と豊富な経験をもつ医者の判断により、必要な検査の指示を行い総合的に病名の診断を行います。
問診による患者の症状、または血液や尿などの検査結果に合わせて的確な薬物治療と食事療法や生活習慣などのアドバイスを行う事で治療にあたっていきます。
内科では慢性的な病気である糖尿病、高血圧、高脂血症などは比較的長期間の投薬、もしくは一生投薬を続ける事もあるため、的確な病名の診断と投薬などの治療は重要なポイントになります。
人によってはあまりシリアスに捉えていない方もいますが、慢性的な病気を放置したり指示通りに薬を服用しないことで命に係わる心疾患や脳疾患につながる可能性もあるのです。
専門知識をもった医者のもとで、正しい検査と投薬を定期的に行っていくのが、健康に近づく第一歩と言えます。
その中でも薬剤は大変重要な位置を占めています。

内科に関する情報サイト
内科の定義

内科とは外科以外の医療分野をさしており、特徴は薬剤を用いて体の内側から治療する診療科のことです。地域のクリニックや診療所で最も多いのも内科ですが、実際は治療する臓器によって消化器内科や循環器内科というように細分化されているので受診する場合は科名をみて決めます。科名の表示には決まりがあるので、例えば循環器内科、一般内科と表示されていた場合は、循環器の診察の場合は循環器内科へ、それ以外は一般内科へいきます。

Search